日本航空/JAL PR

8年ぶりのエアバス機材 A350-900のドアモードは「アームド」

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

JALのA350-900がデビューして半年ちょっとが経ちました。静かな機内と全席モニター付きの座席なども少しずつ慣れてきました。

JALの359、エアバス機材は8年ぶり

JALはここしばらくエアバスの機材は使用していませんでした。A350-900導入前の最後のエアバス機材はA300-600R。JASとの統合前にJASが飛ばしていたA300をJALが引き継いだものです。

窓側には座りたいけど横3席並びは嫌なので、A300の普通席2-4-2配列が個人的にとても気に入っていました。

JA016Dという機体がJAL最後のA300-600R型機。
この機体はJALとの統合前にJASが発注したA300-600RなのでレジはJAS機ですが、JALとJASが統合後に納入されているので、白い機体でデリバリーされてから日本でJALアーク塗装になった機材なので、JASカラーでの塗装時代の無いJASレジのA300-600Rです。

また、その後JALは鶴丸塗装が復活しますが、JA016Dはアーク塗装のまま2011年5月31日にラストフライトを迎えますので鶴丸を背負うことはありませんでした。

JA016Dの退役でJALからエアバス機はすべて退役となったわけです。

A350-900 の機内アナウンス

ワイドボディ機のボーイング777シリーズに慣れていたので、A350に搭乗してお決まりのアナウンスのフレーズが変わるのは新鮮に感じます。

出発前の機内では搭乗音楽、 I Will Be There with You がかかっています。これは変わりませんね。

しばらくして搭乗が完了し、前方のドアが閉まるとこんな感じのアナウンスになります。

ただいま前方のドアが閉まりました。お座席にお座りになりシートベルトをお締めください。

業務連絡です。客室乗務員はドアモードをアームドに変更し、相互確認をしてください。

そうなんです。このアームドやアームドポジションっていういいかたがA350では使われています。

オートマチックとアームド

JALのジェット機の使用機材は777シリーズ、787シリーズ、767シリーズ、737シリーズ、エンブラエル170/190、A350-900となります。

JALの場合は前出の「業務連絡です。客室乗務員はドアモードを~」のあとの言い回しが機種によって変わります。

ANAは以前は「Doors for departure」、今は「セットスライドバー」になっています。ANAの場合、機種による言い方の違いはないようです。

「オートマチック」の機種

ボーイングか、エアバスか、エンブラエルかで言い方が変わるのかと思いきや、そうではありません。

業務連絡です。客室乗務員はドアモードをオートマチックに変更し、相互確認をしてください。

オートマチックモードに反するのはマニュアルモードです。切り替えを行うスライドバーのモード切り替えをするわけですね。飛行機に乗った際にドアを見るとスライドバーのところにAUTO/MANUALの記載があると思います。

JAL機材では777シリーズと787シリーズが「オートマチック」を使っています。

CAさんによって、「オートマチックポジション」や「オートマチックモード」というような言い回しをする方もいます。

「相互確認をしてください」のところも「相互確認を行ってください」の方もいるっていうかんじで、細かい言い回しは規定はないようです。

「アームド」の機種

意外なのは「アームド」を使用している機種ですね。

業務連絡です。客室乗務員はドアモードをアームドに変更し、相互確認をしてください。

最新鋭機となるA350-900は「アームド」です。

エンブラエル機材も「アームド」。

同じボーイングでもボーイング767シリーズと737シリーズは「アームド」です。

アームドが使われる機種の場合は反意語がディスアームドになります。

「アームド」を使っている一部の機種ではディスアームドではなくて「ARM/MANUAL」になっているものもあります。JALにはないと思いますが、ドアを見るときに気にしてみてください。

さいごに

JALは国内線の777シリーズ、主に旧JASの機体が老朽化で順次退役に向かうと思われます。それに伴いドアモードがオートマチックの機材もどんどん減っていきます。

767シリーズが787シリーズに移行していけば、787シリーズは「オートマチック」ですが、767シリーズは国際線に機齢の若い機体がまだまだあるので、国際線に787⇒玉突きで国際線⇒国内線に767でしょうけどね。

すでに、羽田福岡線に乗るとほとんどの便がA350-900と思うくらいです。

国内線で777シリーズに乗れなくなる日も近い気がするので、国内線は777も狙って乗ってみようかなぁと思います。

ANAと違ってJALのドアモードアナウンスは機材も感じられて好きです!

こちらの記事もおすすめ
日本航空/JAL

JAL: 7月の国際線、運休・減便・時間変更・臨時便設定の発表についてまとめてみました。

2020-06-11
一人旅おじさんの飛行機・マイル・グルメ情報
日本航空(JAL)は国際線の夏ダイヤ、7月以降分を対象に、新型コロナウイルスの影響に伴う一部運休・減便・時間変更・臨時便設定について発表しま …