日本航空/JAL PR

JAL: 国際線の機材運用状況を調べてみました 777-200ER 24AUG JL919/JL6757/JL6720

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

JAL国際線機材の中でも国内線投入の多い機材である777-200ERです。復便傾向にあった国内線、羽田那覇・新千歳などへの運用へついている機材もかなり見られていました。

コロナ第2波の影響で再び減便、お盆明けからまた減便・運休が増えてくるようです。

国内線復便で国際線機材の国内線運用も増えていたので、再減便が機材運用にもどのような影響があるのか見てみたいと思います。

お盆明けからの約1週間分でまとめました。

↓機材運用記事のまとめ版はこちら↓

JAL: 国際線機材の運用状況 最新まとめ版 コロナ減便後、国際線機材が働く場所を失って国内線や貨物便で飛んでいるのを見てきました。 機材運用に関してはこのところ記事数...

前回までの運用状況の傾向

お盆前は777-200ER国際線機材は全10機中7機が運用に就いていました。

国際線での運用はほとんどなく、ほぼ国内線で運航されています。運航路線は羽田=那覇、羽田=新千歳です。多いのは903-904-919-918と511-510。

貨物便名の羽田=新千歳JL6775/6776も確認できました。

前回1週間の国際線区間での運用はHND=HKGに1往復のみで、6000番台貨物便名での運航もありませんでした。

777-200ER

JALには11機の777-200ERが在籍しておりすべて国際線仕様機です。

7月にJA704Jが退役となり、在籍機は10機になりました。

コンフィグは2種類です。どちらのタイプもビジネスクラスはJAL SKY SUITEⅢです。
エコノミークラスはエコノミークラスシートとSKY WIDERの違いがあります。

  • W63/64  5機 312席仕様 C26Y286
    JA701J~703J, 709J, 710J
  • W61     5機 236席仕様 C42PY40Y154
    JA705J~708J, 711J

運用状況詳細

機材別にみていきます。

記載例:
通常便名の場合は日付と便名のみを表記しています。
24/25 47-48
24~25日 JL47-48便 HND=HEL を意味します。

特殊な便名などの場合は、
24 CTS=HND 6776-6775
24日 新千歳羽田 便名 のように表記します。

期間中運航なし機材(3機)

W61機材      JA705J JA707J
W63/64機材 JA703J

JA701J

18 919-918
19 919-918
20 919-918
21 919-918

前回の確認では一番フライト数が多かった701Jです。1週でHND=OKA8往復とHND=CTS1往復していたのですが、今回はHND=OKAの919-918を4往復のみでした。

JA702J

19 511-510
22 903-904-919-918
23 511-510

JA706J ※W61

18/19 6776-6775
21 6776-6775
22 6776-6775

前回はプレエコ付きのW61機材も国内線旅客便運航に入っていましたが、貨物便になっていますね。

JA708J ※W61

17/19 6775-6776
20/23 6775-6776

W61機材で前回はOKA線にも投入された708Jですが、こちらも貨物便のみでした。

JA709J

18 511-510
20 511-510
21 511-510

JA710J

17 511-510
18/20 6775-6776
22 511-510

710Jは前回1週で4日間稼働、HNDOKAの903/904/919/918に2日間入っていましたが、今回は稼働やはり少なめです。
貨物便にも入っています。

JA711J

16 NRT=LAX 6724/6723
21 NRT=ICN 6757/6758
23 NRT=ICN 6757/6758
26 NRT=ICN 6757/6758
28 NRT=LAX 6720

臨時の貨物便に専属で入っているようです。
6724便名は22日にはHAN=NRTでも使われています。
ICNで使われた6757はこの2便のあと26日に711Jが再度ICNへ飛んでいます。
28日にはLAXへJL6720という見かけない便名で飛んでいました。

国内線旅客取り扱い便に就いた777-200ER国際線機材は…

W61が0機、W63/64が4機でした。

羽田新千歳のJL511/510
羽田那覇のJL903/904/919/918

この便名のみとなっています。

さいごに

やはりコロナ第2波の影響でしょう、国内線での運用はかなり減っています。

国際線777-200ERに乗れる便として定着してきていた919-918や511-510ですが、
OKA線の919-918は23・24日に国内線機材767・772で飛んだ後25日から欠航、CTS線の511-510も26日から欠航となってしまいました。

コロナ第2波が落ち着いて、再度旅客数が回復傾向になるまでは減便が続くでしょう。国際線機材の国内線投入もしばらくは減りそうです。

777-200ERは国際線運用からも外れている感じです。最近、国内線777-200から退役2機、7月の704Jの退役もあって他の機材も退役が早まるのではないかという話もちらほら耳にします。

JALの777-200は乗っておくなら今のうちかもしれませんね…

こちらの記事もおすすめ
日本航空/JAL

JAL: 7月の国際線、運休・減便・時間変更・臨時便設定の発表についてまとめてみました。

2020-06-11
一人旅おじさんの飛行機・マイル・グルメ情報
日本航空(JAL)は国際線の夏ダイヤ、7月以降分を対象に、新型コロナウイルスの影響に伴う一部運休・減便・時間変更・臨時便設定について発表しま …