日本航空/JAL

JAL: 国際線機材運用状況 777-300ER 10月前半

JALは10月から国際線の運航が増便されています。
そのため機材運用にも若干変化が出ています。

基本的な運航路線は継続しています。

  • JL6-5 JFK
  • JL10-9 ORD
  • JL16-15 LAX
  • JL45-46 CDG
  • JL58-57 SFO
  • JL62-61 LAX

9月まで77W運行であったJL711-712SINやJL31-34BKKは772運航となっています。

今回新たに見られたのは

  • JL29-26 HKG
  • JL6773-6774 FUK

JAL国際線機材777-300ERも9月までと運用が変わっている路線が見られます。10月前半の運用状況をまとめました。

↓機材運用記事のまとめ版はこちら↓

JAL: 国際線機材の運用状況 最新まとめ版 コロナ減便後、国際線機材が働く場所を失って国内線や貨物便で飛んでいるのを見てきました。 機材運用に関してはこのところ記事数...

777-300ER

JALの777-300ERはすべて国際線仕様機です。

現在は13機が登録されており、コンフィグは1種類で統一されています。

4クラス制 F8 C49 PY40 Y147   244席

国際線便名と運行区間一覧

北米路線

JL6/5 HND=JFK
JL8/7 NRT=BOS
JL10/9 HND=ORD
JL12/11 HND=DFW
JL16/15 HND=LAX
JL58/57 NRT=SFO
JL62/61 NRT=LAX

欧州路線

JL41/42 HND=LHR
JL43/44 HND=LHR
JL45/46 HND=CDG
JL47/48 HND=HEL
JL49  HND=SVO
JL407/408 NRT=FRA

東南アジア・南アジア路線

JL39/30 HND=DEL
JL31/34 HND=BKK
JL33/32 HND=BKK
JL77/78 HND=MNL
JL79/70 HND=SGN

JL707/708 NRT=BKK
JL711/712 NRT=SIN
JL723/724 NRT=KUL
JL725/726 NRT=CGK
JL745/746 NRT=MNL
JL751/752 NRT=HAN
JL759/750 NRT=SGN

東アジア路線

JL22/21 HND=PEK
JL29/26 HND=HKG
JL85/86 HND=PVG
JL87/88 HND=CAN
JL97/98 HND=TSA

JL809/802 NRT=TPE
JL811/812 NRT=KHH
JL829/820 NRT=DLC
JL869/860 NRT=PEK
JL873/876 NRT=PVG

オセアニア路線

JL51/52    HND=SYD
JL771/772 NRT=SYD
JL773/774 NRT=MEL

JL941/942 NRT=GUM

運用状況詳細

機材別にみていきましょう。

記載例:
通常便名の場合は日付と便名のみを表記しています。
24/25 47-48
24~25日 JL47-48便 HND=HEL を意味します。

特殊な便名などの場合は、
24 CTS=HND 6776-6775
24日 新千歳羽田 便名 のように表記します。

期間中運航なし機材(1機)

JA735J (最終運航:8月10日JL8122HND→NRT)

JA731J

01/02 6773-6774

国際線運用の合間で77Wの国内線貨物便投入、かなり久しぶりのように思います。

以前は6771以降のHND=CTS/ITM/FUK/OKAでも見られていましたが、久しぶりです。

JA732J

9/10 6773-6774
13/14 6773-6774
14/15 6773-6774

こちらも国際線運用の合間にFUK貨物便が入り3往復。

そのうち2往復は2日連続です。

JA733J

NRT運用で58-57と62-61専用です

JA734J

11 29-26 NRT=HKG

基本はNRT58-57と62-61運用です。

11日に旅客便運航の29-26 NRT=HKGに就いているのが珍しいです。

JA736J

2/3 6773-6774

JA737J

他の機材がほぼ連日稼働しているのですが、737Jは15日間で4日間のみの運用でした。(HND機)

JA738J

6/7 6773-6774

JA739

6 29-26 HKG
8/9 6773-6774

6日はHND=HKG便で旅客取り扱いはナシと思います。

JA740J

NRT58-57と62-61運用

JA741J

05/06 6773-6774
07/08 6773-6774

JA742J

12/13 6773-6774

JA743J

NRT58-57と62-61運用

さいごに

国際線の担当便にほぼ変化はなく、安定して飛んでいます。

777-300ERの運用変化としては、

  • 31-34 HND=BKK
  • 711-712 NRT=SIN

上記2路線の運用がなくなりました。
この2路線は772が引き継いで運航しています。

6773-6774FUKの貨物便は10月1日からデイリー運航されています。

15日間のうち3日間のみ国際線772。

それ以外の日は77Wで運航されています。

10月からの機材運用チェックは変化の見られたところをまとめていくようなスタイルにしていきます。

↓機材運用記事のまとめ版はこちら↓

JAL: 国際線機材の運用状況 最新まとめ版 コロナ減便後、国際線機材が働く場所を失って国内線や貨物便で飛んでいるのを見てきました。 機材運用に関してはこのところ記事数...
こちらの記事もおすすめ
日本航空/JAL

JAL: 7月の国際線、運休・減便・時間変更・臨時便設定の発表についてまとめてみました。

2020-06-11
一人旅おじさんの飛行機・マイル・グルメ情報
日本航空(JAL)は国際線の夏ダイヤ、7月以降分を対象に、新型コロナウイルスの影響に伴う一部運休・減便・時間変更・臨時便設定について発表しま …