日本航空/JAL

JAL: 国際線の機材運用状況 787-9 01-08SEP

9月に入りました。国際線は数路線で旅客取り扱い便が増便となっています。まだまだ本来の運航に戻るには程遠いものの、よい傾向です。

ほぼ国際線のみで運航されている787-9は、旅客取り扱いの無い貨物便としての運行も含めてJALの国際線の中ではかなり稼働している機材です。

JAL国際線機材787-9シリーズの運用状況を9月1日付近からの約1週間分でまとめました。

↓機材運用記事のまとめ版はこちら↓

JAL: 国際線機材の運用状況 最新まとめ版 コロナ減便後、国際線機材が働く場所を失って国内線や貨物便で飛んでいるのを見てきました。 機材運用に関してはこのところ記事数...

前回までの運用状況の傾向

787-9は全機が運用に就いていました。787-9がよく入っている路線は以下のようになっています。

  • 長距離線の北米線と欧州線はほぼ787-9で運航
  • 中距離線のジャカルタ・クアラルンプール・ハノイ・ホーチミン
  • 短距離線の香港・台北・大連

上記の他、

国際線区間での6000番台貨物便名NRT=ORD JL6710/6709がW91/92機材で運航されました。

国内線区間では貨物便・HNDNRTのフェリーも含め、運用なしでした。

787-9

787-9は全て国際線仕様機で20機登録されています。

コンフィグは3パターンです。

  • W71(8機) 195席 C44 PY35 Y116  JA861J~868J
  • W91(4機) 203席 C52 PY35 Y116  JA869J~872J
  • W92(8機) 239席 C28 PY21 Y190  JA873J~880J

Cクラスのシートは2種類。
W71   JAL SKY SUITE
W91.92  JAL SKY SUITEⅢ
エコノミーはSKY WIDERです。

いまはコロナの影響で運用が乱れている印象ですが、通常であれば、主にW71が長距離線、W91/92が中距離線を飛んでいます。

便名と運行区間一覧

北米路線

JL6/5 HND=JFK
JL8/7 NRT=BOS
JL10/9 HND=ORD
JL12/11 HND=DFW
JL16/15 HND=LAX
JL58/57 NRT=SFO
JL62/61 NRT=LAX

欧州路線

JL41/42 HND=LHR
JL43/44 HND=LHR
JL45/46 HND=CDG
JL47/48 HND=HEL
JL407/408 NRT=FRA

東南アジア・南アジア路線

JL39/30 HND=DEL
JL31/34 HND=BKK
JL33/32 HND=BKK
JL77/78 HND=MNL
JL79/70 HND=SGN

JL707/708 NRT=BKK
JL711/712 NRT=SIN
JL723/724 NRT=KUL
JL725/726 NRT=CGK
JL745/746 NRT=MNL
JL751/752 NRT=HAN
JL759/750 NRT=SGN

東アジア路線

JL22/21 HND=PEK
JL29/26 HND=HKG
JL85/86 HND=PVG
JL87/88 HND=CAN

JL809/802 NRT=TPE
JL829/820 NRT=DLC
JL869/860 NRT=PEK

オセアニア路線

JL771/772 NRT=SYD
JL773/774 NRT=MEL

運用状況詳細

機材別にみていきます。

記載例:
通常便名の場合は日付と便名のみを表記しています。
24/25 47-48
24~25日 JL47-48便 HND=HEL を意味します。

特殊な便名などの場合は、
24 CTS=HND 6776-6775
24日 新千歳羽田 便名 のように表記します。

JA861J

31 43-44
2  12-11
3  16-15
5  12-11
7  43-44

JA862J

30  7
1/2 8-7
4    407-408
5/6 8-7

JA863J

31  16-15
2    47-48
3/4 6-5
7/8 6-5

JA864J

1    407-408
2/3 8-7
6    809-802

JA865J

31 6-5
2   6-5
4   47-48
5   6-5
7   21-22
8   12-11

JA866J

1 47-48
2 43-44
3 29-26
5 47-48
6 47-48
7 12-11

JA867J

1 12-11
3 47-48
4 43-44
5 16-15
7 16-15

JA868J

31 12-11
1   16-15
3   12-11
4   16-15
6   43-44
8   47-48

W71機材は北京・台北・香港に1回ずつある以外はすべて長距離運用となっています。

JA868JまでがW71機材です。

JA869JからはW91機材となります。

JA869J

当期間中運航なし

JA870J

1 723-724
2 407-408
4 723-724
5 725-726
6 723-724
7 NRT=ORD 6710-6709

JA871J

31 58-57
1   751-752
2   809-802
3   407-408
5   NRT=ORD 6710-6709
6   751-752

JA872J

1 725-726
2 723-724
3 725-726
4 725-726
6 725-726

JA872JまでがW91機材です。

JA873JからはW92機材となります。

JA873J

1 21-22
2 21-22
4 29-26
5 43-44
6 16-15

JA874J

31 809-802
1   829-820
2   58-57
4   58-57
6   29-26
6/7 869-860
7   809-802
8   829-820

北京869-860は787-8が入ることが多いですが、今週は874J・875Jで1便ずつ787-9で運航されています。

JA875J

1 809-802
2 29-26
2/3 869-860
3 829-820
4 751-752
5 809-802
6 NRT=ORD 6710-6709
7 58-57

JA876J

31 NRT=ORD 6710-6709
1   759-750
4   809-802
5   58-57

JA877J

1 29-26
2 16-15
4 12-11
6 12-11

JA878J

31 62-61
1   58-57
3   809-802
4   759-750
5   829-820
6   407-408

JA879J

1 43-44
3 43-44
5 29-26
6 21-22
7 29-26

JA880J

1 77-746
2 NRT=ORD 6710-6709
3 58-57
5 407-408
6 58-57

MNL線の745-78と77-746は787-8運航路線ですが789が珍しく入っています。

さいごに

運用路線は前回からあまり変化なく見えます。
JA869Jが運用から外れているほかはフル稼働で、787-8と比較するとかなりの稼働率となっています。

欧州線・北米線はほぼ787-9運用でW71機材。

アジアはジャカルタとクアラルンプールは787-9がレギュラー投入は相変わらずでこちらはW91機材。ハノイはほぼ787-9、ホーチミンは787-8と半々くらいで運航されています。
その他に短距離アジアの香港と台北がよく入っています。

大連線は787-9でほぼ定着しています。利用者が多いようで、Yクラスの多いW92機材が使われています。

  • 前回見られたバンコク33-708は787-8運航で787-9は今回ありませんでした。
  • 成田シカゴの貨物便JL6710/6709は週4便すべて、787-9運航継続。
  • 前回見られたシドニー線ですが今回はナシ。基本的には787-8で運航されるようです。

9月に入り増便路線が少し増えました。787-9は最も忙しく動いているようです。
運用チェックは週1ペースで巡回しています。
しばらくしたらまた運用状況を確認してみたいと思います

↓機材運用記事のまとめ版はこちら↓

JAL: 国際線機材の運用状況 最新まとめ版 コロナ減便後、国際線機材が働く場所を失って国内線や貨物便で飛んでいるのを見てきました。 機材運用に関してはこのところ記事数...
こちらの記事もおすすめ
日本航空/JAL

JAL: 7月の国際線、運休・減便・時間変更・臨時便設定の発表についてまとめてみました。

2020-06-11
一人旅おじさんの飛行機・マイル・グルメ情報
日本航空(JAL)は国際線の夏ダイヤ、7月以降分を対象に、新型コロナウイルスの影響に伴う一部運休・減便・時間変更・臨時便設定について発表しま …